学術ニュース  2019年03月27日 18:21

■リサーチャーアワード新設 第1回受賞者は4人 研究者の意識向上など目指す 

 本学の研究者の研究意欲向上と大学としての研究力強化を目的に今年度から新設された「日本大学リサーチャー・アワード」の第1回受賞者4人が決まり、1月29日に日本大学会館で行われた授賞式で大塚兵衛学長から賞状と記念品が贈られた。

 同賞は3部門あり、「科学研究費部門」は理工学部の宮崎康行教授(航空宇宙工学)と経済学部の中川雅之教授(都市経済学)、「受託・共同研究費部門」は医学部の平山篤志研究所教授(循環器内科)が受賞。「社会連携部門」は医療機器製造会社と3次元撮影が可能な歯科用X線CT装置の開発に携わった歯学部の新井嘉則特任教授(歯科放射線学)に贈られた。
 科学研究費部門は科学研究費助成事業の一課題の交付額が最も高額だった研究代表者に、受託・共同研究費部門は受託・共同研究の合計研究費が最も高額だった研究代表者に、社会連携部門は企業や国との連携により社会の発展に貢献した研究者にそれぞれ贈られる。

20190302researcher.jpg

大塚学長から賞状を受け取る中川教授

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.