学術ニュース  2019年03月27日 17:42

■芸術 所沢校舎が閉校に 平成と共に歩み続けた30年

 芸術学部の江古田校舎への完全移転に伴い、所沢校舎が今年度をもって閉校する。

 1月21日には所沢校舎では〝最後の授業〟となる写真基礎演習2(秋元貴美子教授)の授業などが行われ、学生たちが夕刻まで淡々と勉学にいそしんだ。
 学部の入学定員増に伴い、1、2年生の必修授業を行うキャンパスとして開校したのが1989(平成元)年4月1日だった。
 さまざまな学科で学ぶ学生のニーズに応えるべく、2004(平成16)年以降はテレビスタジオ棟や美術棟、文芸棟、デザイン棟が次々に竣工した。
 所沢校舎の歴史は文字通り、平成と共に歩んだ30年だった。 

20190302tokorozawa.jpg
最後の授業を終え、校舎を後にする学生たち
トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.