学術ニュース  2018年11月28日 18:13

■生産工 新たな覚書交わす 地域防災で習志野市と連携

  生産工学部は10月26日、習志野市と「地域防災力向上に関する覚書」に調印した。調印式には落合実学部長と宮本泰介市長が出席し覚書に署名した=写真。

 大規模災害に備え、地域防災活動の連携を取り決めたもので、本学所有のドローンによる情報収集や防災イベントへの参画、地域防災力向上に関わる研究協力などで連携を図る。
 調印後、習志野市役所駐車場でドローンのデモンストレーション飛行が行われた。
 習志野市は2014年5月に本学や千葉工業大、東邦大と今後のまちづくりを総合的に進めるための包括協定を締結しており、今回の調印はこの包括協定に基づいたもの。

201811-seisankou_tikibousai.jpg
トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.