総合ニュース  2018年11月12日 19:24

■「日大列島」テーマにNU祭 桜歯祭からスタート 11月4日まで15の学部祭

 NU祭の季節が到来した。10月5日の歯学部桜歯祭を皮切りに、芸術学部日芸祭などが閉幕する11月4日まで、15の学部祭が開催される。
 今年度の統一テーマは「日大列島~島々〔キャンパス〕をつなぐ架け橋」。

 ことしも「NUブース」が各学部に開設され、他学部の学部祭のポスターやパンフレットを置いて来場者に情報を提供する。このほか、全学部のポスターが一堂に会す「ポスターコンテスト」などを企画している。
 桜歯祭は「〔RE〕NEWAL」をテーマに10月5、6日に開催された。6日は、JR御茶ノ水駅周辺で地域の活性化を目的に例年行われる祭典「お茶の水アートピクニック」が同時開催され、車両の乗り入れが禁止された駅前から校舎までの路上で、模擬店の出展や路上ライブが行われた。
 恒例の「いちにち歯医者さん」は、10月に開院したばかりの歯学部付属病院の地下1階で行われた。来場者は虫歯治療体験や歯学部生による口腔ケアの指導を受けた。
 NU祭「絵画・書道展」は7月18日から8月1日まで、芸術学部江古田校舎A&Dギャラリーで開催された。絵画部門の最優秀賞は稲葉星さん(三島高3)の「怪物アロエ」、優秀賞は渡辺大夢さん(東北高3)の「静物Ⅱ」、校友会長賞には渥美華さん(千葉日大一高3)の「正月」が選ばれた。書道部門の最優秀賞は橋本佳奈さん(東北高2)の「孔子廟堂碑」、優秀賞は西山舞香さん(宮崎日大高2)の「社甫詩」、校友会長賞は加藤沙耶果さん(文理3)の「臨 伊都内親王願文」に決まった。
 表彰式は11月24日に日本大学会館で行われる。

201810-nusai_shigakubu.jpg
磨き残しがないかチェックしてもらう(歯学部桜歯祭)
トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.