総合ニュース  2018年10月13日 20:39

■越智常務理事を選任

 大学は8月24日に開かれた理事会で、新たに越智光昭常務理事を選任した。

 同常務理事は総務を担当する。これに伴い、他の常務理事の担当が一部変更となり、石井進常務理事は人事(含む男女共同参画)、本部大学院、130周年記念事業・募金担当となった。
 越智常務理事の話 本学は、アメリカンフットボール部の反則行為に端を発する諸問題を抱え、本学を取り巻く環境が厳しさを増す中、本学のホームページにて公表された理事長の「学生ファーストの理念に立ち返って」の声明に基づき、「学生の目線で学生と向き合う」という姿勢を持つことの重要性・必要性について、教職員のより一層の意識改革を促し、本学創立130周年を迎えての「日大再生」という理事長の固い決意の実現のために力を尽くさせていただきます。
 副学長に3教授
 大学は副学長について、8月24日の理事会で落合実生産工学部長、渡邊武一郎国際関係学部長、加藤直人文理学部長の3教授の任命を決めた。任期は9月1日から1年間。
 担当は次の通り(敬称略)
 落合実(学務、教学戦略〈含海外拠点推進〉、保健体育審議会)、渡邊武一郎(学生・就職、保健体育審議会)、加藤直人(研究、知的財産、学術情報)
 また学長の代理・代行者について同日の理事会で、落合実生産工学部長とすることを決定した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.