スポーツニュース  2018年10月12日 14:56

■相撲全国学生個人 本学勢軽量級で8年ぶりV 岩永、雪辱の初戴冠

 相撲の全国学生個人体重別選手権が9月2日、大阪府堺市の大浜公園相撲場で開催され、75㌔未満級の岩永信(法1=鳥取城北高)が初優勝を果たした。本学選手による同大会の軽量級種目優勝は8年ぶり。

 135㌔未満級の宇栄原叶(文理4=沖縄・中部農林高)、無差別級の沢田日登志(スポーツ科3=埼玉栄高)はいずれも2位、75㌔未満級の植松春貴(法4=千葉・日体大柏高)は3位だった。
 岩永は、3回戦で7月の東日本学生個人体重別選手権で敗れた広川大輝(日体大1)を倒して雪辱を果たし、その後も1年生ながら冷静な試合運びで初優勝を飾った。
 岩永の話 優勝できたのは、部の仲間やコーチの応援のおかげ。自分に自信がつきました。

201809-sumo_zenkokugakuseikozin.jpg
初優勝した岩永(右)
トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.