サークルニュース  2018年10月09日 19:47

■吹奏楽研究会が定期演奏会 1年間の集大成披露

 吹奏楽研究会(武琴乃主将=文理・中国語中国文化4)は9月22日、東京都新宿区の新宿文化センター大ホールで第58回定期演奏会を開催した。

 観客一人一人の心を演奏で「紡ぐ」ことをテーマに1年間活動してきた同研究会は、集大成と呼ぶにふさわしい演奏を披露した。
 演奏会は3部構成。第1部は吹奏楽コンクールなどで高難度の曲として知られる「ディスコ・キッド」を演奏。会場が一体となって「ディスコ」の掛け声を入れ、盛り上がった。第2部は昨年アカデミー賞など数々の映画賞を受賞したミュージカル映画「LALALAND」をマーチングで表現。第3部は作曲家シベリウスが母国フィンランドへの強い愛を込めて作曲した交響詩「フィンランディア」を演奏した。
 武主将は「支えてくださる人のおかげで、活動できていることを実感できた4年間だった。今は、演奏会が成功して、ほっとしています」と話した。

201809-suisougaku.jpg
拍手喝采のマーチング・ショー
トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.