サークルニュース  2018年08月06日 14:09

■法 放送研が他大とCM制作 女子野球の魅力発信

 法学部放送研究会は、東京都内外の10大学と協力して女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」とのコラボCMを制作した。

 16大学で構成する放送系サークルの団体Campus Channel Network(CCN)の活動の一環。約2分間のコラボCMは、バッティングセンターを取材中のCCNの学生が偶然、女子プロ野球選手に出会うという内容。CMは7月上旬からSNSや動画サイトなどで発信しており、女子プロ野球の魅力を知ってもらう狙いがある。
 CCNは月に1回、インターネットのライブ配信サービスで学生目線の番組を配信している。7月5日に配信した番組では埼玉アストライアの監督、選手が出演し、「CCN的HAPPYプロジェクト~女子プロ野球ってなに?埼玉アストライアに聞いてみた~」というテーマで、女子プロ野球の現状や選手たちの素顔などを紹介した。

2018-7_housoukenkyukai.jpg
                    埼玉アストライアの取材風景

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.