総合ニュース  2018年06月06日 20:07

■NU祭体育大会 総合開会式を開催 来月、付属3校を皮切りに

 2018年度のNU祭と体育大会の総合開会式が5月16日、日本大学会館で行われた。

 式の冒頭、池村正道副学長が「NU祭、体育大会を通して、他学部生との交流を深め、各キャンパスをつなぐ架け橋になってほしい」とあいさつ。その後、前年度のNU祭ビデオ発表会最優秀賞のトロフィーと体育大会優勝旗の返還などが行われた。
 体育大会の選手宣誓は中島千晶さん(文理・体育3)と林千愛さん(付属三島高1)が行った。式には学生、付属高生、教職員合わせて約220人が参加した。
 今年度のNU祭統一テーマは「日大列島~島々【キャンパス】をつなぐ架け橋~」。「全国に点在する部科校を島々に見立てると日大列島が形成できるので、相互の結び付きをより強固にする」という思いを込めた。NU祭はこの統一テーマの下、6月16日の付属藤沢高「日藤祭」、付属三島高「桜陵祭」、付属習志野高「日習祭」を皮切りに約半年間にわたって開催される。NU祭期間中は、昨年度と同様、難民の子どもたちの教育支援のための「エヌドット募金」が行われる。「絵画・書道展」は7月18日から8月1日まで芸術学部江古田校舎のA&Dギャラリーで開催される。
 体育大会は6月6日の水泳(高校)を皮切りに2月19日のスキーまで、大学の部12種目、高校の部8種目、教職員の部4種目の計24種目が行われる。NU祭、体育大会の総合閉会式は11月24日。

201805_nusai-openingceremony.jpg
                 大塚学長の前で宣誓する学生、生徒代表

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.