スポーツニュース  2018年06月06日 19:13

■バスケット・関東大学 中大に敗れるも3年ぶりの8強

 バスケットボールの関東大学選手権は関東地区の99校が参加して4月21日から5月6日まで、東京都世田谷区の駒沢体育館などで行われた。昨年の関東大学リーグ10位の本学レッドシャークスは5位となり、3年ぶりにベスト8に入った。

 初戦から順当に勝ち上がった本学は、3日の準々決勝で中大と対戦。前半は中大に連続3ポイントシュートを含む5連続得点を許しリードを広げられ、前半を27―48で折り返した。後半に入るとシェイク・ケイタ(スポーツ科2=福井・北陸高)らのインサイドのシュートが決まり本学が追い上げたが、パスミスなどから相手に得点される展開が多く、中大のペースを崩すことができないまま72―98で敗れた。
 6日の東海大との5、6位決定戦では、本学が前半を36―33の僅差で終えたが、第3Qに東海大の猛追で逆転を許した。しかし、第4Qの終了26秒前に杉本天昇(文理2=土浦日大高)のシュートで再逆転し70―68で勝利した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.