総合ニュース  2018年05月10日 21:27

■法 図書館で学修深める空間 L・コモンズを開設

 本学図書館法学部分館は、学生がこれまでに身に付けた知識や技能を大学で一層高め、深め、広げていく場として、4月から分館7階にラーニング・コモンズを開設した。

 約120人を収容できる約240平方㍍のスペースには、多人数がけのソファ席や自由に動かせるデスク、椅子、ホワイトボードなどが用意されている。個人でもグループでも利用でき、イベント会場としての利用にも柔軟に対応できるという。
 PCモニターや一般書籍も備えられている。同分館は従来、専門分野の書籍しか収容していなかったが、このフロアには専門書以外の一般書籍約50冊を配置。一般書籍は今後、徐々に増やす方針という。
 ノートパソコンやプロジェクターの貸し出しも行っており、学生の自主学習はもちろん、ゼミ発表の練習や授業にも利用されている。
 図書館事務課の藤山義輝課長は「利用者の学修の場としてどんどん活用していってもらいたい。学生と向き合い、面倒見の良い大学の図書館として、今後は学生へのアンケートを実施して、その意見を基に更に利用を高める工夫をしていきたい」と話した。

201804learningcomonons.jpg
                      多人数で使えるソファーも

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.