総合ニュース  2018年05月10日 21:22

■平昌五輪の原、平野両選手に 学長特別賞を授与

 今年度の入学式では、本学の名誉向上に著しく貢献したとして、平昌五輪フリースタイルスキー男子モーグルで日本勢の大会第1号となる銅メダルを獲得した原大智選手(スポーツ科・競技スポーツ2)と、スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルに輝いた平野歩夢選手(同2)に学長特別賞が贈られた。

 表彰後、原選手は「皆さんの応援のおかげで銅メダルを獲得できました。今後も伝統ある日本大学の学生として競技に勉強に励んでいきます」と述べ、平野選手は「学長特別賞をいただきとてもうれしく思います。私も競技と勉強の両立に励みます。これからも声援よろしくお願いします」とさらなる飛躍を誓った。
 2人が在籍するスポーツ科学部は、世界を舞台に戦うアスリートや幅広い分野で活躍する人材の養成を目的に本学創立130周年記念事業の一環として2016年に新設され、2年目で大きな成果を生んだ。

201804gakutyoutokubetusyo.jpg
         学長特別賞の原(左)、平野両選手

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.