学術ニュース  2018年03月20日 20:59

■松戸歯 本学歯学部を制す 歯学体ラグビーでV

 全日本歯科学生総合体育大会(歯学体)のラグビー部門が昨年12月28、29の両日に松戸歯学部グラウンドで開催された。

大会はトーナメント方式で行われ、12チームが参加。シード権を持つ松戸歯学部が2回戦から出場して勝ち上がり、決勝で本学歯学部との同門対決を制し優勝した。
 歯学体は、歯学部を擁する大学と歯科大学の体育クラブが26種目を競う大会で、夏と冬の二つの期間に分け実施されている。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.