サークルニュース  2018年01月30日 20:10

■女子野球 国際関係の英TO合格 W杯に向け強化合宿に参加

 国際関係学部女子硬式野球部の英(はなぶさ)菜々子(国際教養2)がこのほど、8月に米国で開催される女子野球のW杯に向けた日本代表トライアウトに合格した。

 16歳以上の全日本女子野球連盟に登録している選手が対象で、トライアウトは動画による1次選考を通過した95人を対象に実施。50㍍走や試合形式のテストを行い、27人の合格選手と3人の再考対象者計30人を選出した。さらにこの30人を対象に2月23日から宮崎県日向市で強化合宿を行い、最終的に代表メンバーを決定する。
 英のポジションは捕手。遠投77㍍の強肩と広角に打ち分ける堅実な打撃が持ち味。同部では、2年生ながらレギュラーとして活躍している。
 英の話 選ばれたからには、レギュラーになれるようアピールしたい。

WomenBaseball-Hanabuki.JPG   
  関東1部リーグの第12戦に先発出場した英

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.