総合ニュース  2017年12月21日 19:25

■体育大会・NU祭総合閉会式 最優秀賞は文理学部 高校の部は三島高に決定

 2017年度のNU祭ビデオ発表会と体育大会・NU祭総合閉会式が11月25日、田中英壽理事長、大塚?兵衛学長をはじめ役・教職員、学生、付属校生ら約430人が出席して日本大学会館で開催された。

 ビデオ発表会では各学部祭と通信教育部の集夏祭、各付属校祭の模様を収めた計40本の映像が上映された。来場者による投票の結果、最優秀賞は大学の部が文理学部、高校の部は三島高に決定した。校友会長賞は法学部が受賞した。
 文理学部のビデオは「Wake up to Advance!!」をテーマに、屋台やステージなどさまざまなイベントの風景をアップテンポの曲に合わせて編集・紹介した。制作担当の越村広輝さん(化1)は「来年文理学部に来たくなるような映像になったと思う」と話した。
 三島高のビデオは「enjoin!」がテーマ。スポーツ試合の実況・解説のようなきびきびしたナレーションで学園祭の全体像を活写した。
 体育大会大学の部は男子が理工学部、女子は文理学部が総合優勝を果たした。高校の部の男子は豊山高、女子は三島高。優勝学部、付属校の代表者に大塚学長から優勝旗が授与された。
 絵画・書道展の表彰も合わせて行われ、絵画部門は小林千紘さん(工2)の「自画像」、書道部門は外林珠貴さん(宮崎日大高2)の「?毋潛詩(きぶせんし)」がそれぞれ最優秀賞を受賞した。
 会場には絵画・書道展の入賞作品が展示され、会場入り口付近にはパネルや各学部のポスターなどが掲示された。新企画「部科校祭企画紹介」のパネルでは、各学部祭のお勧め企画や各付属校祭の風景などが紹介された。「日大グルメ本プロジェクト」のパネルでは、法学部のタコスなど各学部祭で盛況だった模擬店の料理12点が披露された。
 期間中に行われたエヌドット募金の合計は11月20日現在で157万6784円に上った。国連難民高等弁務官事務所を通じて難民の子どもたちの支援に役立てる。

Nusai-FinalCeremony.JPG
             最優秀賞に輝いた文理学部のビデオ発表

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.