スポーツニュース  2017年12月20日 19:19

■ゴルフ文科大臣杯 桂川が初栄冠に輝く 2位に3打差で逃げ切る

 ゴルフの文部科学大臣杯争奪全日本大学・高等学校対抗戦が11月14、15日に横浜市の横浜カントリークラブ(男子7407ヤード、パー72、女子6311ヤード、パー71)で行われ、ルーキーの桂川有人(国際関係1=愛知・ルネサンス豊田高)が初優勝を果たした。今野大喜(同3=福岡・柳川高)と清水大成(同1=東福岡高)がいずれも3位タイに入った。女子はルーキーの森はな(スポーツ科1=付属日大高)の7位が最高だった。

 大会はストロークプレーで18ホールを2日間回り合計スコアで競った。
 桂川はショットがさえた初日を5アンダーにまとめ、首位スタート。最終日も大きなミスなくイーブンパーで回り2位に3打差の〝完全〟優勝を果たした。
 森は初日が3オーバーの5位タイだったが、最終日はスコアメークに苦しみ8オーバーで首位と14打差だった。
 桂川の話 楽しんでゴルフができた。首位を譲らず逃げ切れたことは自信になる。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.