校友・付属校ニュース  2017年12月20日 18:22

■競泳 短水路日本選手権 課題の「後半」克服 藤沢高の大内が女子3冠

 競泳の短水路(25㍍プール)日本選手権が11月14、15の両日に東京都江東区の辰巳国際水泳場で行われ、藤沢高1年の大内紗雪が女子50㍍自由形、同100㍍自由形、同50㍍バタフライの3種目を制した。

 日本代表チーム合宿の一環で和歌山県の大会に出た直後だったが、課題とされた後半も力強く泳ぎ切った。「記録を伸ばしたい」と臨んだ初日の50㍍バタフライは、宣言通り短水路の自己ベストを更新し26秒11で優勝。これで勢いに乗り、翌日の100㍍自由形予選は3位通過。リオ五輪代表の青木智美(あいおいニッセイ)ら実力者がそろった決勝は終盤まで接戦になったが、タッチの差で制した。その後、主戦場の50㍍自由形でも終始スピードを落さずしっかり勝ち切った。

中学まで無名 ◇…「今シーズンは良いスタートが切れたと思う」。3種目を制し、ホッとした表情を見せた。(・・・続きは本紙12月号へ)

fujisawakou-swiming.jpg
    100㍍自由形決勝で.圧巻の泳ぎを見せた大内

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.