スポーツニュース  2017年11月24日 20:29

■ハンドボール全日本学生 2年ぶり3位入賞 田中が優秀選手賞に選出

 ハンドボールの全日本学生選手権が11月3日から7日まで金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで行われ、本学は2年ぶりに3位入賞を果たした。主将の田中大介(商4=長崎日大高)が優秀選手賞に輝いた。

 本学は、初戦で近大相手に前半から着々と得点し、38―17で圧勝。昨年のこの大会で黒星を喫した日体大とは2回戦で対戦し30―28で接戦を制し、準々決勝も順当に勝ち上がった。準決勝の筑波大戦は一進一退の攻防の末、前半は10―12で折り返した。後半は田中を中心に得点を重ねたが筑波大の3連続得点や相手GKの好セーブにより、徐々に点差を広げられ20―26で敗れた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.