スポーツニュース  2017年11月24日 20:21

■重量挙げ全日本学生新人 久保、宍戸が大会新でV 本学勢9人が表彰台

 重量挙げの全日本学生新人選手権が10月20、21の両日に埼玉県上尾市のスポーツ総合センターで開かれた。本学は16人が出場し、56㌔級の久保海斗(スポーツ科1=福井・坂井高)、62㌔級の前田ジョンレイ(同2=兵庫・西脇北高)、77㌔級の宍戸大輔(文理1=福島工高)、85㌔級の加藤楓(経済2=富山・滑川高)の4人が優勝を果たした。久保と宍戸はいずれも大会新記録を樹立。そのほか5人が表彰台に上った。

 久保はクリーン&ジャーク1、2本目をクリアし、3本目で大会記録を更新する135㌔に成功した。トータルの236㌔でも大会新記録を出した。
 宍戸は、スナッチ3本目の135㌔に失敗したが、ジャークの3本目で大会記録の165㌔に成功。トータルは大会新記録の296㌔で、2位の選手に28㌔の大差をつけた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.