学術ニュース  2017年11月24日 19:53

■生産工 女性研究者の活躍を促進 学部連携シンポ催す

 本学の学部連携研究推進シンポジウム「次世代女性研究者のためのキャリアウェイ整備~日本大学女性研究者交流シンポジウム」(代表=野呂知加子・生産工学部教授)が11月10日、生産工学部の津田沼校舎39号館で開催された。学内外の女性研究者ら68人が参加した。

 本学に在籍する女性研究者間の交流、共同研究の推進が目的で、総合科学研究所の落合豊子教授が「日本大学キャリアウェイ活動でのプロジェクト全体構想」と題し特別講演したほか、13人が共同研究の現状などについて報告した。
 シンポジウム後のポスターセッションでは共同研究の成果32件が発表された。投票により若手ポスター賞が選出され、学生・助手部門の1位に高野智圭さん(大学院医学研究科博士課程3)、助教・研究員部門の1位に伊藤紘子さん(生物資源科学部助教)が選ばれた。
 野呂教授は「面白い共同研究がいろいろあった。これからも互いに得意な分野を補完し合えたら」と話した。

20171102シンポ 講演する野呂教授.JPG
                 講演する野呂教授

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.