総合ニュース  2017年09月27日 21:39

■鳥人間コンテスト 津田沼航空研 初の頂点 

 読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト2017」が7月29、30日に滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で開かれ、滑空機部門に出場した生産工学部の津田沼航空研究会(佐藤光代表=機械工3)が440・37㍍の学生記録を樹立し13度目の挑戦で初優勝を果たした。

 人力プロペラ機ディスタンス部門で連覇に挑んだ理工学部航空研究会(鳴島遼代表=航空宇宙工3)は17406・86㍍地点で着水、4位に終った。
 【3面に続く】

手を上げて学生記録を樹立したパイロットの佐藤代表を迎える津田沼航空研部員=7月29日、滋賀県彦根市の琵琶湖岸で.JPG
学生記録を樹立したパイロットの佐藤代表(右奥)を湖岸で迎える部員ら=7月29日、鳥人間コンテスト会場で

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.