スポーツニュース  2017年09月27日 21:16

■ボート全日本大学 総合12連覇、記録つないだ 6種目で大学日本一

 ボートの全日本大学選手権は8月31日から9月3日まで埼玉県戸田市の戸田ボートコース(2000㍍)で開かれ、本学男子は出場8種目中6種目で優勝。競技結果を得点化して競う総合成績で前人未踏の12連覇を果たした。

 本学はかじつきフォア、ダブルスカル、かじなしペア、かじつきペア、4人スカル、エイトの6種目で大学日本一に輝いた。
 最終の花形種目、エイトまでに総合12連覇を決めていた本学だったが、「強豪として実力者が集う同種目を落とすわけにはいかない」(伊藤駿汰主将・法4=愛媛・今治北高)と強い決意で臨んだ。予選、準決勝とも、一度も他大艇に先行を許すことなく決勝進出を決めた。決勝でも序盤から異次元の漕ぎを見せ、12連覇に花を添えた。
 かじなしフォアは順位決定戦に進み5位。シングルスカルの熊谷大樹(法4=秋田・本荘高)は準決勝で敗退。女子の大門千紗(スポーツ科1=大分・日田林工高)は欠場した。
 悔しさバネに○…高校生の時からずっと憧れてきた日大のエイトクルー。 (・・・続きは本紙9月号へ)


ボート全日本大学201709.JPG
      エイトで連覇を達成した主将の伊藤(中央)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.