サークルニュース  2017年09月27日 20:18

■「スクアーロ」440㍍の大滑空 13度目の挑戦実る 理工は悪天候に泣き4位 

 チーム記録の更新と学生記録の樹立を目指して挑んだ津田沼航空研。「史上最軽量」の機体に連覇を懸けた理工航空研。両チームの決戦当日の様子を取材した。(三浦正基)

 【1面から続く】
 7月29、30の両日に滋賀県彦根市で開かれた鳥人間コンテスト2017には事前の書類審査、本番前日の機体検査を通過したチームが出場できる。初日の滑空機部門は24チームが名を連ねた。 (・・・続きは本紙9月号へ)

津田沼部員ら201709.JPG
                   学生記録樹立が分かり、喜びを爆発させる津田沼航空研部員ら
津田沼飛行機201709.JPG
                    滑空する「スクアーロ」=7月29日

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.