サークルニュース  2017年09月27日 20:13

■準硬式野球・全日本大学 九州共立に敗北 ベスト8止まり

 準硬式野球の全日本大学選手権が8月21日から26日まで高松市の香川県営第二野球場などで開催された。本学は24日に同市で行われた準々決勝で九州共立大に3―6で敗れベスト8に終わった。

 本学は三回表に高野大地(文理・教育4)の適時打で1点を先制したが、その裏に失策などで2点を献上。五、六回に1点ずつ追加された。七回には1点差まで追い上げたが、八回裏に2点を失い逃げ切られた。
 主将の中村怜(同・国文4)は「本来の打力を発揮できず悔しい。失策が多く流れに乗り切れなかった」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.