校友・付属校ニュース  2017年09月27日 20:06

■重量挙げ国体関東ブロック ジャークで日本新 持田が105㌔級を制す

 重量挙げの国体関東ブロック大会が8月18、19日に群馬県前橋市のヤマト市民体育館前橋で行われた。成年男子105㌔級の持田龍之輔(2016年文理卒=ALSOK)がクリーン&ジャークで日本新記録の220㌔をマークし、トータル375㌔で優勝を果たした。

 持田はスナッチ1本目で155㌔を上げたが、2本目の170㌔、3本目の173㌔は失敗した。ジャークは1本目に190㌔、2本目に210㌔をクリアして大会記録を更新。3本目で日本記録を3㌔上回る220㌔に成功した。
 5月に行われた全日本選手権に続き、ことし2度目の国内記録更新となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.