学術ニュース  2017年09月27日 19:56

■工 ドローン利活用 2社と連携合意

 工学部は8月9日に小型無人機(ドローン)の利活用に関して、ドローンの世界的メーカー「DJI」の日本法人「DJI JAPAN株式会社」とドローンの多様な活用技術を提供している「株式会社スカイシーカー」の2社と連携・協力の合意書を締結した。

 工学部の工学技術と企業の保有するドローン活用・開発技術を融合させ、研究活動の活性化を図る。
 3者は東京電力福島第一原発事故で住民の帰還が困難になった地域での野生動物の生態調査のほか防災、物流などへのドローンの活用を目指し、市場ニーズなどの情報も共有する。民間の2社は工学部生のインターンシップを受け入れる。
 工学部で行われた締結式では、出村克宣工学部長、DJI JAPANの呉 韜(ご とう)社長、スカイシーカーの佐々木政聡社長が合意書に署名した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.