総合ニュース  2017年08月09日 15:12

■商 災害時区に協力 施設を一部貸出

 商学部は7月14日、東京都世田谷区と世田谷ボランティア協会との間で「災害時における協力等に関する協定」を締結した。

 災害発生に伴い区から要請を受けた場合、協議の上で体育館など一部施設を無償で貸し出す。主に、ボランティアの受け入れと派遣などの調整を行う「ボランティアマッチングセンター」として使用される。
 髙橋史安学部長は「協定を機に学部として一層の社会的責任を全うしていきたい」と話した。

201708災害協定商学部.JPG
右から髙橋学部長、保坂展人世田谷区長、横山康博世田谷ボランティア協会理事長

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.