総合ニュース  2017年07月13日 20:04

■助成金の証書授与 特別研究含む22件が対象

 2017年度学術研究助成金と理事長特別研究、学長特別研究の助成金の交付証書授与式が6月19日、日本大学会館大講堂で行われた。

 学術研究助成金交付は大学の部総合研究13件、社会実装研究4件、高校の部一般研究1件が対象。
 理事長特別研究と学長特別研究は各2件が対象で15年度からの継続事業。社会実装研究は、研究成果・技術の社会活用の推進を目的に17年度から新設された。
 授与に当たり大塚吉兵衛学長は「研究の応用、展開をより一層期待している」と述べ、田中英壽理事長は「広く社会に還元されるよう、積極的に研究成果の公開をしたい」と話した。受領者を代表し、今井健一・歯学部教授が「格段の励ましとともに重責を感じる。社会貢献とともに外部研究費の獲得に努めたい」と述べた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.