学術ニュース  2017年05月24日 18:56

■初年次教育学ぶセミナー 新任教員88人が参加

 新任教員の教育力向上を目的とする「新任教員FDセミナー2017」が5月20日に日本大学会館大講堂で開かれ、ことし4月以降採用の教員のうち初めて大学専任教員となった88人が参加した。

 本学の教育理念と教学施策を理解してもらい、学生の教育について考える場を提供することが狙いで、2012年から毎年開催している。
 セミナー冒頭で、FD推進センター副センター長の?忠博・経済学部教授が、本学の教育理念や日本大学教育憲章とFD活動の関連ついて説明。その後、学務委員会全学共通初年次教育検討ワーキンググループの中島一郎・歯学部教授が全学共通初年次教育科目「自主創造の基礎」を題材にした授業の実践方法について、歯学部を例に説明した。参加教員は、この科目の授業で必ず取り入れるワークショップに全員が参加。「初年次教育」をテーマに話し合った。また、全学FD委員会プログラムワーキンググループメンバーの川上央・芸術学部教授が、教員に必要とされる教育、研究、社会貢献、管理運営能力のノウハウを解説するオンデマンド講座を紹介した。

FDセミナー201705.JPG
         ワークショップに参加する新任教員

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.