総合ニュース  2017年04月21日 20:11

■給付型奨学金を新設 最大1000人で学費困窮者に

 本学は2017年度から「日本大学創立130周年記念奨学金」を新設する。経済的な理由で進学や学業継続を断念する学生がいる実態を受け、支援体制強化を図る。3月17日の臨時理事会で規程が制定された。

 経済的な支援を必要とする学生を対象とした最大1000人規模の給付型奨学金制度となる。
 同奨学金は、入学生を対象とした第1種と在学生を対象とした第2種がある。第1種は、事前審査で「予約採用候補」として決定された後、一般入学試験によって1年次に入学を許可された学生(外国人留学生を除く)が対象。給付額は年額30万円。2年次以降も学費等の支弁が困難で、成績が優良な学生には最低修業年限の間、毎年給付する。18年度の入学者から実施し、支給人数は16学部と短期大学部で250人を予定している。
 第2種は在学生(外国人留学生を除く)に年額30万円を給付する。ことしは定員650人で6月から募集を始める予定。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.