サークルニュース  2017年04月21日 19:27

■準硬式野球 関東大学 国士舘に苦杯 ベスト8敗退

 準硬式野球の関東地区大学選手権は3月中、下旬に東京都八王子市の上柚木公園野球場などで行われ、本学は準々決勝で国士舘大に1―8で敗れてベスト8にとどまった。

 29日に東京都町田市の法政大学多摩グラウンドで行われた試合で、本学は一回裏に適時打などで2点を先制された。二回表に主将の中村怜(文理・国文4)の本塁打で1点差としたが、その後も先発の吉住翼沙(法・公共政策2)が粘れず三回裏に3点、五回裏に3点を失った。
 中村主将は「まだシーズンは始まったばかり。4月1日開幕の春季リーグ優勝に向けてチーム一丸となって戦う」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.