校友・付属校ニュース  2017年04月21日 19:03

■芸術 日藝賞に三宅、小山の両氏 新入生に激励の言葉

 第11回「日藝賞」に海上自衛隊東京音楽隊の三宅由佳莉さん(2009年音楽卒)と放送作家の小山薫堂さん(1987年放送卒)が選ばれた。授賞式は4月4日、芸術学部江古田校舎大ホールで行われた。

 同賞は、芸術学部に在籍したことのある人の中から関係者らの投票、審査などによって選ばれる。
 三宅さんは卒業した09年に自衛隊初の「声楽採用」となり、現在は3等海曹として東京音楽隊でソプラノ・ボーカリストを務めている。「海自の歌姫」と呼ばれ、13年には東日本大震災の被災者支援のために制作したCD「祈り~未来への歌声」が日本レコード大賞企画賞を受賞した。
 小山さんは在学中から放送作家として活躍。08年公開の映画「おくりびと」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞し、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のプロデュースも務めた。
 授賞式に出席した三宅さんは、新入生約1000人の前で音楽、演劇学科生とのコラボレーションによって名曲「You RaiseMeUp」を歌い上げた。三宅さんは「日芸で学んだことが今の活動全てにつながっている。大いに学び、夢に向かって羽ばたいて」と話した。
 小山さんはビデオメッセージで受賞の喜びを語った。


新入生歓迎式で現役学生とコラボする三宅さん201704.JPG

             新入生歓迎式で現役学生とコラボする三宅さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.