学術ニュース  2017年04月21日 19:01

■全学FD 教職員39人が参加 初年次カリキュラム作成

 FDを企画・運営できる人材の育成を目的とした「全学FDワークショップ2016」が3月10、11の両日に日本大学会館で行われた。

 13年度から毎年開催しており、4回目となる今回は、4月から施行された「日本大学教育憲章」に沿った「初年次教育」をテーマに掲げた。学部のほか通信教育部や大学院、短期大学部の教職員39人が参加した。
 参加者は文系、医歯薬系など分野別の7班に分かれ、初年次教育の問題点について話し合った。「内容や指導方法、評価などが教員によって異なる」などの声が上がった。
 その後、出された意見を踏まえて班ごとに初年次教育のカリキュラムを考案。さらに、学修目標や評価方法について議論を重ね、それぞれの班がカリキュラムを完成、発表した。
 この結果、論文作成の基礎を学ぶプログラムや、医療人としての倫理やマナーを理解する「医療人への道」など班ごとに特色のあるカリキュラムが作成された。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.