スポーツニュース  2017年02月04日 13:26

■スケート 日本学生氷上 男子2000㍍リレー連覇 スピード部門 大学対抗は準V   

 第89回日本学生氷上競技選手権は1月5日から9日まで北海道苫小牧市などで開かれ、本学はスピード、フィギュア、アイスホッケーの3部門に出場し、スピードスケートの男子2000㍍リレーで連覇を果たした。

 大学ごとの得点で競う総合順位は2位だった。
 個人では山田将矢(文理2=北海道・池田高)が男子500㍍で準優勝。同1000㍍の山田、同10000㍍の伊藤貴裕(同2=長野・市立長野高)がいずれも3位に入った。3人1組の同パシュートレースは5位だった。
 フィギュアスケートは女子Bクラス荻野恵里沙(同3=東京・日本橋女学館高)の4位が最高だった。アイスホッケーは北大との初戦を13―0で圧勝したが、2回戦で法大に1―9で敗れた。

 全員でつかんだV ◯…「優勝」の2文字が遠い大会だった。9日のリレー優勝は「18人の部員全員で取った」。主将の後藤卓也(文理4=北海道・帯広農高)はほっとした表情で話した。(・・・続きは本紙1月号へ)

スケート1.JPG
       リレーでアンカーを務めた1年生の松井


体力付け雪辱へ ◯…主戦場の男子1000㍍でまさかの3位。それでも「周りが早かった」と山田は潔かった。 (・・・続きは本紙1月号へ)
  
 スケート2.JPG
     男子1000㍍を力走する山田

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.