スポーツニュース  2017年02月04日 13:13

■競泳 世界短水路 200㍍個人メドレー寺村5位 小堀は800㍍リレーで銅獲得  

 競泳の短水路世界選手権が昨年12月6日から11日までカナダのウィンザーで開催された。

 本学女子は寺村美穂(文理4・セントラルスポーツ=千葉商大付高)が200㍍個人メドレーで5位、400㍍メドレーリレーで短水路日本新記録を樹立して4位に入った。山根優衣(同4・セントラルスポーツ=神奈川・湘南工大付高)は400㍍リレーで5位に入賞した。
 男子は800㍍リレーに出場したOBの小堀勇気(23歳、2016年法卒=ミズノ)が短水路日本新記録での3位入賞に貢献した。
 寺村は200㍍個人メドレーの予選を4位通過。決勝は序盤のバタフライで積極的な泳ぎを見せ、50㍍まで4位につけた。苦手の背泳ぎで8位と失速したが、後半に追い上げた。
 第1泳者としてリレーに出場した小堀は終始安定した泳ぎで全体の3位で第2泳者の瀬戸大也(早大4)に引き継いで、チームに勢いを付けた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.