スポーツニュース  2017年02月04日 12:58

■馬術 全日本学生 全日本学生女子 男女共にV果たす 菅原、細川人馬一体の演技    

 馬術の全日本学生選手権大会と全日本学生女子選手権大会が昨年12月3、4日に東京都世田谷区の馬事公苑で行われ、全日本学生は菅原権太郎(生物資源科4=岩手・水沢農高)、全日本女子学生は細川映里香(同3=北海道・静内高)がそれぞれ人馬一体の演技を披露して優勝した。

 いずれの大会も乗る馬を当日に抽選で決めて競った。
 菅原は決勝の馬場馬術で高得点を出し首位に立ち、障害飛越でも減点を最小限に抑え2位の沖広諒一(同4=山口・高水高)らを大きく引き離した。
 馬場馬術で首位に立った細川は、障害飛越で規定時間を過ぎて減点されたものの終始丁寧な走りでリードを守った。
 菅原の話 学生最後の大会で有終の美を飾れた。卒業後はコーチとして後輩を導きたい。
 細川の話 大会に向けさまざまな馬に乗り、どんな馬にも対応できるように研究した成果が出た。

 馬術.JPG
     菅原は馬場馬術で高得点を出した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.