スポーツニュース  2017年02月04日 12:54

■柔道 グランドスラム 90㌔級向は7位 敗者復活戦で逆転負け

 柔道のグランドスラム東京大会が昨年12月2日から4日まで東京都渋谷区の東京体育館で行われ、男子90㌔級の向翔一郎(法3=富山・高岡第一高)は初出場で7位だった。

 向は初戦のアルジェリア代表に内股で一本勝ち。オーストラリア代表との2回戦は、序盤から積極的に攻め開始1分半までに指導を二つ与え、終盤にも指導を二つ与えて反則勝ちを収めた。世界ランク9位のフランス代表との準々決勝は序盤で互いに指導を受けた後、残り30秒に向が再び指導を受けて優勢負け。ロシア代表との敗者復活戦は、開始3分半に有効を獲得したが残り30秒で有効を奪われ、序盤に受けた指導が響いて敗れた。
 向の話 組み手の丁寧さや速さが足りなかった。もっと国際大会の経験を積みたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.