校友・付属校ニュース  2017年02月04日 11:27

■空手 全日本 女子団体組手は千葉 OG多田野が優勝に貢献

 空手の全日本選手権が昨年12月10、11両日に東京都足立区の東京武道館などで行われ、都道府県対抗の女子団体組手で千葉県代表として出場した多田野彩香(23歳、2016年商卒=高栄警備保障)が2年ぶり2度目の優勝に貢献した。

 千葉県は、大阪府との準々決勝で大将の多田野が3―1で勝利、2勝1分けで準決勝に進んだ。準決勝では東京都に2勝1敗で勝利。昨年優勝の京都府との決勝戦では先鋒(せんぽう)、中堅が引き分けた後、大将の多田野が中盤に決めた上段突きのポイントを守りきり勝利した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.