学術ニュース  2017年02月03日 21:47

■進学ガイドコンペ 表紙に長島さんの作品 入学後の学生生活を表現

 2018年度の進学ガイド「総合大学の理想像をめざす日本大学」の表紙デザインとメーン写真が決まり、昨年12月8日に日本大学会館で表彰式が行われた。

 表紙デザインの部は長島彩香さん(芸術・デザイン3)の作品が、メーン写真の部は関口拓真さん(同・写真2)の作品が最優秀賞に選ばれた。
 長島さんの作品「未来を覗(のぞ)く」は、白い背景に両手で持った双眼鏡を正面から描いた。万華鏡の模様が描かれたレンズから色とりどりの三角形が飛び出し、入学後の明るい未来を表現した。長島さんは「見開きにすると、双眼鏡をのぞいているように見えるデザインにした」と制作意図を語った。
 関口さんの作品「世界」は、空に浮かぶ雲を飛行機の窓から超広角レンズで撮影した。
 【表紙デザインの部】
 ▽優秀賞 松浦藍(芸術・デザイン2) 山下真穂(同4) ▽学務部長賞 村上あすか(同3)
 【メーン写真の部】 
 ▽優秀賞 黒沢夏実(芸術・写真4) 渡辺浩史(同3) ▽学務部長賞 松井友輝(同2)
 
 進学ガイド.JPG
 作品を手にする長島さん(左)、関口さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.