スポーツニュース  2016年12月08日 20:40

■柔道 全日本体重別 90㌔級向、GS出場 100㌔超級の佐藤は3位に

 柔道の全日本体重別選手権が11月12、13日に千葉市の千葉ポートアリーナで行われ、本学は90㌔級の向翔一郎(法3=富山・高岡第一高)と100㌔超級の佐藤和哉(法3=静岡学園高)が3位入賞を果たした。

 向は12月のグランドスラム(GS)東京大会の日本代表に選ばれた。
 向は準決勝で釘丸太一(センコー)と対戦、指導四つで反則負け。西山大希(新日鉄住金)との3位決定戦は、開始1分で互いに指導を受けた後、足技などで積極的に攻め、残り1分半で相手に指導を与えて優勢勝ち。
 佐藤は4回戦で神谷快(筑波大4)と対戦し、残り2分で内股を決められ一本負けを喫した。敗者復活戦は開始2分に指導を与えて優勢勝ち。3位決定戦は2012年ロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)と対戦。互いに指導三つのまま規定の5分を終え、延長戦(ゴールデンスコア方式)に突入した。佐藤は大柄な相手を果敢に攻め、開始3分に大外返しで有効を奪い8分間の激闘を制した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.