校友・付属校ニュース  2016年12月08日 18:15

■札幌日大高 宮崎日大中2校で30周年祝う 記念行事相次ぎ挙行

 札幌日大高と宮崎日大中が相次いで30周年を祝う記念行事を開催した。

 在校生や教職員らがそれぞれの歩みを振り返り、さらなる発展を誓った。
 札幌日大高の創立30周年記念式典は11月20日、上野正三・北海道北広島市長をはじめ約1600人が出席して同高体育館で行われた。
 札幌日本大学学園の浅利徹理事長が式辞で「卒業生が築いてきた校風、伝統が伸展している。誇れる母校であり続けるために努力したい」と述べ、同高放送局(龍嶋史部長=2)が制作した30年間を写真で振り返る約5分間の映像が上映された。また、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校として、生徒による課題研究発表も行われた。
 宮崎日大中の開校30周年記念行事は11月3日、同中体育館「さくらアリーナ」で780人が出席して開かれた。式典の冒頭、宮崎日本大学学園・後藤信一理事長が式辞を述べた。また、全校生徒で「未来(あす)への誓い」を発表した。
 その後、生物資源科学部の塚本勝巳教授による「うなぎ 一億年の謎を追う」と題した記念講演が行われた。
 
     式典P.JPG
 札幌日大高の式典には生徒ら約1600人が出席(札幌日大高提供)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.