サークルニュース  2016年12月08日 17:55

■ACC学生CMコン TV、ラジオ2部門で大賞 6年ぶりのW栄冠  

 一般社団法人全日本シーエム放送連盟が主催する「ACC学生CMコンクール」の審査結果がこのほど発表され、テレビCM部門で盧(ろ)安莉(あんり)さん(芸術・デザイン3)、ラジオCM部門で山内理実さん(同・放送2)がそれぞれ大賞に輝いた。

 本学学生の大賞受賞は2010年にW受賞して以来、6年ぶり。
 事前に提示された「テーマ商品」を宣伝する内容で競われた。絵コンテを審査するテレビCM部門には、全国から1214の応募があった。盧さんは衣類スチーマーを宣伝する「シワとりの魔法」を制作した。3枚のしわのあるシャツを高齢女性に擬人化し、簡単にしわをのばせるという商品の特徴を3人の会話を通してアピールした手法が評価された。
 511本が寄せられたラジオCM部門は脚本が審査対象。山内さんは下痢止め剤を題材にした「母子」を応募。混み合ったトイレで子どもを口実に順番を譲ってもらった母を描き、「こんなときもあるかもしれない」と共感を呼んだ点が評価された。
 盧さんは「受賞に驚いている。自分の作品が評価されてうれしい」と話し、山内さんは「今後もさまざまなコンテストに挑戦していきたい」と話した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.