スポーツニュース  2016年11月22日 12:39

■陸上 日本ジュニア 大嶋男子100㍍制す エドバー、平松は準優勝

 20歳以下による陸上の日本ジュニア選手権が10月21日から23日まで名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで開催され、男子100㍍で大嶋健太(スポーツ科1=東京高)が優勝、女子100㍍のエドバー・イヨバ(同)と男子110㍍ハードルの平松パプデンバ(文理1=東京・芦花高)が準優勝した。

 大嶋は予選を10秒57、準決勝を10秒44と、いずれも1位で通過。決勝では向かい風の中、10秒43とタイムを縮めた。エドバーは予選、準決勝とも1位通過したが、決勝は11秒80で1位に0・03秒及ばなかった。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.