サークルニュース  2016年11月22日 11:42

■英語研究会 高橋さんが熱弁 待機児童の問題

 英語研究会(村上洋輔委員長=生産工・機械工3)が主催する「学長杯・OB杯争奪英語弁論大会」が10月22日、日本大学会館で開催され、高橋沙也夏さん(文理・英文2)が初優勝を果たした。

 高橋さんは「To see children’s smiles」と題してスピーチ。待機児童の現状や問題点を指摘した上で解決策を提案した。
 高橋さんは「全てを出し切ることはできなかったが、約2カ月間の練習の成果を発揮できた」と振り返った。スピーチは1人7分の持ち時間で、内容など5項目で採点された。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.