総合ニュース  2016年11月22日 11:36

■晩秋のNU祭終幕 15キャンパスに14万人超

 「Circle of the Glitter~輝きの輪~」を統一テーマに開催されたNU祭大学の部が11月6日までの医学部翠心祭などを最後に閉幕した。本紙調べで、全学部祭の来場者は14万人を超えた。体育大会との総合閉会式は26日に日本大学会館大講堂で行われる。
【4、5面に関連記事】

 4月に新設された危機管理学部とスポーツ科学部の学部祭は「三茶祭」として11月5、6日に合同で開催された。
 危機管理学部では「防災教室」として、同学部の教授ら3人による生活に密着した講義が行われた。スポーツ科学部は、ソウル、バルセロナ五輪の体操競技で銅メダルを獲得した西川大輔教授(健康・スポーツ科学)を講師に「親子体操教室」を実施、大盛況となった。
 各学部祭ではことしもN.募金を実施、国連UNHCR協会を通じて難民の子どもたちの支援に役立てる。
 NU祭実行委員会(久富瞭実行委員長=法3)は、全体企画として「日大桜前線」と題した写真パネルを作成。桜の写真を16学部、通信教育部、25付属校から提供してもらい、縦2・3㍍、横6・3㍍の巨大パネルに貼り付け、「学部、付属校間のつながりを大切にする」という統一テーマの趣旨を表現している。26日の総合閉会式の会場入り口に飾る。また「マスコットグランプリ」には9学部が参加した。結果は総合閉会式で発表する。
 来年度のNU祭統一テーマは「線結び~繋がる日大の環~」。「線結び」は全国に点在する各学部や付属校を「点」として、「点同士が線で結びつくように、より強固に団結しよう」という思いを込めた。
 総合閉会式では、NU祭ビデオ発表会も同時開催。各学部と付属校の文化祭の様子を収めた映像を上映し、出席者の投票で大学と付属校の最優秀賞を決める。
 
 芸術ee.JPG
       学部祭最多の4万以上の
       人でにぎわった(芸術学部)
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.