サークルニュース  2016年10月20日 20:12

■富士通杯 10大学対抗戦で4位 東北大に惜敗、入賞逃す

第12回富士通杯争奪全国大学対抗将棋大会が9月10日から12日まで東京都大田区の富士通ソリューションスクエアであり、本学将棋研究会(大井手威主将=法・政治経済3)は4位だった。

12月の学生王座戦と並ぶ主要大会で、各地区代表の10大学が団体総当たり方式で競った。
「関東2地区」代表として出場した本学は、第7局まで1敗しただけで早稲田大と同率2位につけたが、東北大との最終対局に2―3で惜敗した。勝ち点、勝ち数とも神戸大と並んだが、代表地区の過去の成績が参照され神戸大が3位に入賞した。
大井手主将の話 判定で入賞を逃し、悔しい思いをした。秋季団体戦ではあらためて出直し、全国制覇を目指したい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.