サークルニュース  2016年10月20日 19:45

■能研・桜門能3年ぶり舞囃子 プロ、OBの支援で実現

能楽研究会(石原渚沙会長=文理・哲3)は、10月2日、東京都渋谷区の梅若万三郎家能舞台で第53回桜門能を開催した。

学習院大観世会部や本学OBらが協賛出演し、3年ぶりに舞囃子(まいばやし)を披露するなど17演目を上演した。
 舞囃子は、場面を語る地謡(じうたい)と楽器を演奏する囃子方に合わせて主演のシテが舞う。囃子方はプロに依頼するしかなく、費用が掛かるため学生の能舞台で披露することは珍しい。今回は、能研OBで師範も務める梅若泰志氏と長谷川晴彦氏がOB会員らに働き掛け、プロ能楽師の協賛出演が実現した。

能楽201610.JPG
   舞囃子で「松風」を披露する石原会長

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.