総合ニュース  2016年10月06日 19:50

■全柔連・東京五輪へ新体制 強化委員長に金野監督

本学柔道部の金野潤監督(49歳、1989年文理卒=文理学部准教授)が2020年の東京五輪に向けた人事で、全日本柔道連盟の強化委員長に選ばれた。

金野監督は現役時代の1994年と97年に全日本選手権で優勝。引退後は、本学柔道部コーチを経て男子監督に就任し、リオデジャネイロ五輪100㌔超級で銀メダルを獲得した原沢久喜(24歳、2015年法卒=日本中央競馬会)らを指導した。
金野監督の話 東京五輪への期待を重く受け止めている。見る人に喜んでもらえる内容と結果を届けたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.