総合ニュース  2016年10月06日 19:47

■通信教育 集夏祭を開催 4日間で5企画催す

「がんばれ東北!がんばれ九州!志を胸に」をテーマとして通信教育部の学園祭「集夏祭」が8月上旬に開催された。

6日は法学部10号館1階の1011講堂で「日本芸能文化鑑賞会」があり、落語家の春風亭笑好さん(本名・荒木義久=43歳、1997年経済卒)、金原亭龍馬さん(本名・平井健太郎=43歳、92年経済入学)らが登壇。この後、約40年ぶりという「通信教育部学生演芸大会」を開催、有志の学生らが歌やダンスなどを披露した。
 10日には、福島県の出先機関「日本橋ふくしま館」(東京都中央区)の協力を得て、市ケ谷キャンパス1号館1階で「福島物産展」を催した。20以上の同県産品が並び、開場直後から一般客らが大勢訪れた。
 谷島実行委員長は「準備は大変だったが、多くの人に喜んでもらえた。来年はことし以上に盛り上げてほしい」と話した。

     集夏祭20161005.JPG
        キャンパス入り口に20以上の福島県産品が並んだ

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.