スポーツニュース  2016年10月06日 19:23

■ヨット全日本学生女子 女子総合3年ぶりV 池田、林組がスナイプ制す

ヨットの全日本学生女子選手権が9月17日から19日まで神奈川県葉山町の葉山マリーナで行われ、本学は3年ぶりの総合優勝を果たした。

スナイプ級では池田紅葉(生物資源科2=神奈川・横浜創学館高)、林佳奈(法1=東京・日本工業大駒場高)ペアが優勝した。4月の関東学生女子春季、8月の関東学生女子に続く3大会制覇を果たした。470級の中山由紀美(法2=佐賀・唐津西高)、工藤彩乃(スポーツ科1=兵庫・芦屋高)ペアは5位だった。
 初日は無風のため、レースは午後から行われた。池田、林ペアは第2レース終了時点で暫定1位。最終日の第3レースはスタートで出遅れ暫定6位に後退したが、最終レースで巻き返した。

 池田の話 スピードは他校と互角だったが、コース取りで上回ることができた。
 林の話 動作の完成度を上げるという課題が見つかった。池田さんと協力して来年も優勝を目指したい。

 ヨット20161006.JPG
             池田(右)、林ペアは後半に巻き返した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.